ことばの百科店

トップページへ      /      ご感想・ご意見      /      店主敬白      / Twitterを開く










































インターネットが1台

もうずいぶん前になりますが、「イェスタデイ・ワンスモア( Yesterday Once More)」という歌が流行りました。ご存知の方も多いでしょう。カーペンターズ(The Carpenters)という兄妹デュオのヒット曲です。
その歌の冒頭にある
「When I was young I'd listen to the radio Waitin' for my favorite songs」
というのは
「若かりし頃、私はよくラジオを聴きました・・・」
とでも訳せばよいのでしょうか。

私が疑問に思ったのは「ラジオ」が「my radio」でもなく、「a radio」でもなく、「the radio」であることでした。こんな場合なぜ定冠詞「the」が必要なのか?

それの前に、例えば「I had a small radio」とかなんとか前置きがあるのなら、ああ、「the radio」っていうのは そのラジオのことを言っているのだな と推定できるのでしょうが、そんなのはなくていきなり「the radio」ですからね。
英文法の解説書や辞典を開いて調べても「なるほど」と納得できる説明が見当たりません。

こんなことを書くと「プッ」とお笑いになる方が多いでしょうね。「そんな初歩的なこともわからないのか」と。英語を知り尽くしている人(英文法や英単語だけではなく英語を包みこんでいる世界観のようなもの - 「しくみ」と言ってもいいでしょう - を知り尽くしている人)にしてみれば笑う以前のレベルかもしれません。

でも私と同レベルの疑問を持つ人も少なくないと思うのですが どうでしょうか?

マーク・ピーターセン著「日本人の英語」を読んでいたら、定冠詞「the」や不定冠詞「a/an」というものが少しだけわかってきました。
阪神タイガースがなぜ「Tigers」ではなく「The Tigers」なのか、有名な「ザ・****」というお店の名前が(この「ザ」が定冠詞「the」のことだと仮定すれば)なぜ変なのか などなどです。

そおーっか。わかったー!ある日突然疑問が氷解しました。
冒頭の唄に出てくる「the radio」は、目の前にある箱、歌やおしゃべりが聞こえてくる小さな箱(つまりラジオの受信機)のことではなくラジオ放送そのものなんですよね。つまり、ラジオ放送というシステム全体を意味しているのが「the radio」なのだと解釈すれば理解できます。
「the sun」「the air」「the earth」などと同じくこの世に一つしかないもの、という扱い(難しく言うと「意味的カテゴリー」?)なのでしょうか。

テレビも同じことで
「I watch a television」はおかしいのでしょう。但し、「television」は「television set」の意味でも使うらしいので「a television」がいつもいつも間違いだとは言い切れないようです。(「テレビ界」とか「テレビ業界」とかいう意味で使う場合もあるらしいし)

いずれにしても、「テレビが1台」とか「ラジオが何台」とかいう言い方は、まあ言ってみれば「インターネットが1台」と言うのと大して変わらないということですか。


「いいね!」「なるほど!」っと思ったらクリック
   /    ご感想・ご意見はこちら   /   

▲ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2017 ぞな
http://xona.c.ooco.jp